グルーヴコースター カレう台メンテナンスの方法

wpid-wp-image-2118174715jpg.jpg

皆様こんにちは。におるずです。

今回はグルーヴコースターのカレう台メンテの方法を紹介しようと思います〜

※筐体なのでゲームセンターオペレータ様向けです。。

カレう台とは、通常のグルーヴコースター筐体よりもレバーのバネを固くした筐体のことで、スライド入力が固くなりますがその分反発も強くなり、連続スライドが決まりやすくなる特徴があります。タイトーステーション等のゲームセンターではカレう台として筐体が稼働しているところがあります。

まずは用意するもの↓

  1. ボタン部分を分解するためのドライバー
  2. 100円ショップで買ってきた針金
  3. ラジオペンチ

実質材料費100円で実現できます。

針金の太さや巻数でバネの硬さを調整できるのでお好みに合わせて購入、調整してみてください。

以下、手順です↓

ボタン部分の4本のネジを外します。

リングLEDパーツの4本のネジを外します。コネクターも外してください。

ブースターユニットの7本のネジを外します。またブースター下の7本のネジを外して黒いカバーを取り外します。ここにコネクターとケーブルクランプがありますので外します。

ブースターユニットを取り外します。白色の丸いパーツの裏にバネがあり、そのバネの強さを変えることでレバーの硬さが変わりますが、今回はバネを交換するのではなく‥

ここに針金を巻きます。

白色の丸いパーツが押し下げされ、バネのテンションが強くなることでレバーが固くなります。

あとは今までの工程を逆に作業して元に戻してください。反対側も同様になります。

たったの100円でカレう台メンテを実現できました。

実際のゲームセンターでこの方法が使用されているのかは不明ですか、やってみたい方(ゲームセンター)がありましたら、自己責任の元で是非お試しください。

それでは一旦失礼します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA