ATH – CKS 1000 LTD (オーディオテクニカ 製 イヤホン)

ATH – CKS 1000 LTD (オーディオテクニカ 製 イヤホン)

この度、約2年半愛用していたオーディオテクニカ製のイヤホン、CKS-90の後継機であるCKS-99CKS-1000が発売しました。

CKS-1000には期間限定色が発売しました。今日はATH-CKS1000LTDの開封写真を紹介します。

*写真多めです。

写真レビュー

 

高級感のあるパッケージです。SOLIDBASSシリーズでの新たな最上位機種の品格があります。

意外とずっしり重いです。

 

パッケージの裏にはイヤホンの特徴が書かれていました。

 

パッケージの中からはもうひとつ箱が出てきます。マトリョーシカみたいですね。

綺麗に収まっています。限定色の紅色が格好いいです。

 

黒いスポンジが外しにくく、取り出しに苦戦しました。

 

キャリーケースとイヤーピース4種類入り。

付属の延長ケーブルはスマフォでマイク・音量調節ができるものと、普通のケーブルです。

 

ATH-CKS90LTDと比べてみました。CKS90は使い込んでいますので少し色落ちしている気がします。

ですが、CKS1000LTDの方が濃い紅色だと思います。

 

 

 

CKS1000LTDはケーブルが黒くなりましたが、メリハリがあってとても格好いいです。

 

CKS1000の形は大きくなりました。おそらくCKS99はCKS90と同サイズか、小さくなっていると思います。

 

コードの付け根が少しだけスマートになっています。

 

カッコいいですwwww

 

表記のレイアウトが変わりました。

やっぱり大きいです。

 

結論

今回は外観のレビューでしたがいかがでしたか?

写真を多めに紹介しましたので参考になれば幸いです。

CKS90は低音を強調しつつもバランスのとれた良い製品でした。CKS1000も使用を重ねてから音質のレビューをしたいと思います。

初めて使った感想としましては、使い込んだCKS90の方が低音は強いと感じました。

ただ、CKS1000は高音とのバランスが更に良くなっていると感じます。SOLIDBASSシリーズですが癖のない製品かも知れません!

 

ではまた!